子どもの頃に出来るそばかすって?

子供のそばかすは自然に消える?

子どもの頃にできるそばかすは、遺伝的な要素が強いといわれています。同じ時間屋外で遊んでも、そばかすができる子とできない子があるのは、両親からそばかす体質を受け継いでいるか否かで決まります。一般的には、子どもの頃にできるそばかすは、年齢と共に消えていくのが通説です。しかし、そのうち消えるからと何の対策もせずにいると、本来消えるはずのそばかすが消えず、思春期を過ぎても残ってしまうこともあります。
そのため、子どもが大きくなってそばかすに悩まないように、親がしっかりと対策をしてあげることが大切です。その第一歩としては、まず日焼け対策を万全にすることから始めましょう。紫外線はメラニンの生成を活発にし、そばかすを濃くする原因になります。

子どものそばかす対策

そばかすの大敵である紫外線をカットするには、外で遊ぶ時は帽子をかぶらせることが第一です。UV防止加工が施されている生地で作られたもののほうが、紫外線をよりしっかりとカットしてくれるでしょう。
次に、日焼け止めを塗る習慣をつけることも大事です。ただ、大人用の日焼け止めは子どもの肌に刺激が強すぎたり、石鹸で洗っただけでは落ちないものもあります。子ども用の日焼け止めを使うか、石鹸で落とせる低刺激のものを使用するのがおすすめです。海やプールへ行くときも、SPFの数値が高いものではなく、数値の低いものを小まめに塗りなおす方が肌への負担が少なくなります。
そばかすができるのを気にせず、思いっきり遊べる環境を作ってあげましょう。

© Copyright Freckles Be Made. All Rights Reserved.