大人になってから出来るそばかすって?

大人のそばかすの特徴とは

そばかすは思春期にできやすい肌トラブルですが、大人になって悩まされている人もいます。長年にわたって蓄積した紫外線のダメージがメラニン色素の分泌を促進し、そばかすの卵を深部から少しずつ表面化させていくのです。それゆえ若いころはそばかすがなくても、年齢とともに目立つようになるのです。遺伝が要因の子供時代のそばかすは放置していても消えることが多いですが、大人になって発生したものはダメージが原因のため簡単には解消しません。紫外線や乾燥・洗顔時の刺激などが主な原因となっているため、スキンケアから見直していく必要があります。洗顔後は保湿を徹底すること、毎日日焼け止めを使用することなどが重要です。肌の保水力を高めておくことが活性酸素から守るための基本となります。

不規則な生活に注意しよう

仕事が忙しいと不規則な生活になりやすく、ストレスや過度の飲酒・寝不足などにより大人のそばかすが発生するケースがあります。肌は体の内側から作られるため、内側からもケアしていく必要があります。疲労が蓄積していると老け顔になりやすく、そばかすを濃くしてしまう可能性があるので注意してください。慢性疲労・ストレスを解消するためには、睡眠から変えていく必要があります。そばかす対策のためには22時~翌朝2時までの時間帯は寝ていることが重要です。この時間帯は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、肌を活性化させる時間帯なのです。肌に溜まったダメージを解消し、メラニン色素の分泌を抑えていきます。早寝早起きを習慣付けることが、肌のバリア機能を高めてそばかすを予防する基本です。

© Copyright Freckles Be Made. All Rights Reserved.